緑化作業案内
次回は8月6日
年間活動計画
定例作業日誌
並木道の風景
メタセコイアの四季
モミジバフウの紅葉
街角プランター

団地庭先のゆりが見ごろ
(平成29年6月18日)

4号棟脇のシャクヤクが満開
(平成29年4月22日)

鮮やかな紅白ハナモモ
(平成29年4月12日)

集会所広場の桜満開
(平成29年4月10日)

ユキヤナギ咲きそろう
メタセコイア通り斜面
(平成29年3月30日)

ほころんだクロッカス
4号棟生垣脇
(平成29年3月9日)

早咲きの河津桜が満開
集会所横
(平成29年2月24日)

東側斜面の梅の花
(平成29年3月10日)

街並みに浮かぶ初日の出
鶴牧東公園
(平成29年1月1日)

初日の出の陽光に輝く富士
鶴牧東公園
(平成29年1月1日)

モミジバフウ並木で実施
剪定士認定試験
(平成28年11月22日)

メタセコイアの紅葉
(平成28年11月22日)

西公園の皇帝ダリア満開
(平成28年11月22日)

モミジバフウの紅葉
(平成28年11月20日)

プランタ―花盛り
(平成28年8月7日)

団地東側のハナミズキ
(平成28年4月19日)
イベント紹介
アダプト会
山城写真館
会田修香港旅行
高村美術館
エジプト遺跡探索の旅
鶴牧工作隊
隠岐の島緑化支援の旅
リコーダー公演
野外バーベキュー
小山田散策
晩秋の信濃紅葉狩り
下田・踊り子街道めぐり
信州蓼科旅行
伊豆箱根旅行
LINK
・ホームタウン鶴牧6
・釣りハンドクラフト
     (清志HP)
・年長組奮闘紀行
・多摩市役所
・アクアプルー多摩
 

アベリアの剪定作業(平成29年7月2日)

 法面の臨時草刈り作業
多摩市の「みどりの協定斜面地」に指定されている4号棟裏側と2号棟駐車場裏の斜面の雑草刈りを実施。委員会メンバーの有志5人が臨時作業で整備した。30度を超える猛暑の中での作業でした。市に提出する作業報告用の写真も撮影。
(7月11日)。 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 アベリアの剪定と斜面整備
2号棟北側斜面の山吹、さつき、ツツジの刈り込みと2号棟駐車場石垣下のアベリアの天面剪定、同ナンキンハゼのひこばえの剪定、2号棟南側砂場横のツツジから出た笹の刈り込み等を実施(平成29年7月2日)。
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 理事会主催の清掃デー
 6月は理事会主催の団地清掃デー。組合員の草刈などの道具の貸出準備などに協力。
 緑化委員会は共用部分の草刈りを実施。@2号棟から1号棟に抜ける通路草刈りA来客用駐車場周囲草刈りB集会所前のプランターとメタセコイア通りの信号機前の植え込みの花植えC住民からの樹木剪定要望への対応などを行った。
(平成29年6月4日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 アベリアの剪定と下草刈り
 5月の作業は1号棟裏雑草の草刈りと2号棟駐車場後ろの斜面草刈り、2号棟石垣下のアベリア下草刈りと天面の剪定、団地入り口の雑草刈りを実施。(平成29年5月7日)

 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 1号棟裏の土地改良作業
 4月の定例作業は1号棟裏のユキヤナギの枯木跡の土壌改良作業と桜の花がほぼ満開になった3号棟交差点角地の花壇土壌改良作業を実施。予定していた1号棟裏サンゴジュの根元へのオルトラン散布作業は延期。
(平成29年4月2日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 年度末の定例備品棚卸し
 3月の定例作業は備品の棚卸と緑化倉庫および管理棟倉庫の整理・清掃、鎌などの備品メンテナンス。

 作業終了後、午後から委員会開催(21人参加)。
@今年度と新年度の作業取り組み(総会議案書案)の報告。次年度の検討課題として歯抜けになった団地周囲のユキヤナギの対応。次年度も高木の伐採を進める。
A植栽の管理計画や新年度の新役員体制(案)が報告され承認。
(平成29年3月5日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 交差点角地の整備と実生樹木の伐採
 2月の定例作業は先月に引き続き実生木の伐採、1号棟北側通路上に出ている常緑樹(多摩市管理樹木)の枝の切り落とし、3号棟の交差点角地の草刈および整地。
(平成29年2月5日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 実生木の伐採と歩道、側溝の清掃作業
 新年1月の作業初めは昨年12月に引き続き実生樹木の伐採とメタセコイア通り斜面側の歩道と側溝の清掃作業。2号棟駐車場斜面の梅の剪定〈3本)と14号棟通路側樹木の剪定(居住者からの要望)を実施した。
(平成29年1月8日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 紅葉の枯れ葉清掃と実生木伐採作業
 12月の定例作業は11月に引き続き実生樹木の伐採と3、4号棟前の側溝の清掃、居住者から依頼のあった実生木の伐採、4号棟斜面の芙蓉の木と2号棟駐車場後ろのはぎの刈り込み作業を実施した(平成28年12月4日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 実生の樹木伐採と剪定作業
 11月作業は理事会清掃デーに協力して実施。緑化委員会は目印をつけておいた実生の木の伐採および剪定作業を実施。伐採樹木は約20〜30本。また咲き終わったプランターの花を処理し、苦土石灰を混入して冬、春用の花苗を植える準備をした。(平成28年11月6日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 アベリアの下草刈りとまき置き場の清掃
 10月定例作業。2号棟駐車場後ろ石垣下のアベリアの下草刈りと天面の剪定。枝にツタが絡まっているので根元から除去。ナンキンハゼのひこばえは来年1、2月に枝落しを予定。
 集会所入り口階段脇の緑地帯に設置したまき置き場の清掃整理作業を実施。(平成28年10月2日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 アダプト会が「そよかぜの道」清掃作業
 アダプト会が「そよかぜの道」の下草刈りと生け垣の剪定、清掃作業を実施した。遊歩道両側の緑地帯は一時期に比べ、下草が減少したが、一部ではかなり成長した箇所もむ受けられ、草刈り機を使って刈り込んだ。
(平成28年9月19日)
 ◆鶴6アダプト会作業日誌へ◆
 理事会主催の草刈りデー
 理事会主催の草刈りデー。緑化委員会は独自作業として草刈り機を使い共有地の草刈り等を実施。また団地入り口の排水溝の清掃とがたつきができた通路のインターロッキング(タイル)の補修作業を実施した。
(平成28年9月11日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 アジサイの花柄摘みなど法面の整備作業
 4号棟及び2号棟法面のアジサイの花柄摘みと剪定作業のほか、3、4号棟法面のユキヤナギにかかっているツルの取り除き、2号棟駐車場下のアベリアのツルの撤去、枝の刈り込み、ナンキンハゼのひこばえの刈り込み、2号棟駐車場後ろの法面にある枯れ枝の撤去等を実施。(平成28年8月7日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 恒例の団地夏祭り支援、カレー調理
 団地恒例の夏祭りが今年も盛大に開かれた。祭り囃子のにぎやかな音色が流れる中、カレー、焼きそば、フランクフルト、かき氷、ポップコーン、生ビールなどの各店が例年通り軒を並べ、子どもたちも大勢参加した。新旧理事を中心に緑化委員会、長期修繕委員会、防災委員会、IT委員会などの約60人近い方々が各店の調理、販売を支援、盛り上げた。

 緑化委員会のカレー調理長は今年も3年続けて富岡重樹さんが担当。前日から委員有志による食材の買い出しや仕込み、かまどなどを整備して、鶴牧特製カレー400食を調理した。ご苦労さんでした。
 理事会草刈り日、アベリアなど剪定と清掃作業
 理事会主催の草刈りと清掃作業に参加。団地東側の法面とアベリアの剪定、下草刈りなど清掃作業を実施。(平成28年6月12日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 ユキヤナギの剪定と下草刈り
 1、2号棟の法面に植えられたユキヤナギの剪定作業。枯れ枝が目立ち、花の付きが悪くなったので、3分の1以下に伐採、剪定。(平成28年5月8日)

 恒例の備品棚卸し
 新年度に備え恒例の備品の棚卸しと、住民からの要望で住宅や駐車場に隣接の樹木の伐採を実施した。
(平成28年3月23日)

 アダプト会が歩道の清掃作業
  「そよかぜの道」からメタセコイア通りに通じる通学路や階段、メタセコイア通りの歩道の清掃作業を実施。
(平成28年1月24日)

 ◆鶴牧6アダプト会へ◆
 成長した中高木を伐採
 成長した3号棟道路側法面のシラカシ等の中木伐採作業と居住者の要請によりタウンハウスの専有庭の樹木を剪定、管理事務所前の皇帝ダリアの撤去作業を実施した。後日、チップ撒布の予定。(平成28年1月10日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 年末恒例の餅つき会
 団地居住者有志による餅つき会が12月27日に行われた。例年使用のうすに割れ目が生じたため、今年、新しいうすを購入。例年通り4時間近くかけて30キロの餅をつき上げた。子どもたちも張り切って参加し、試食の餅を参加者に配るなど貴重な戦力として活躍した。(平成27年12月27日)
 落葉したメタセコイアの除去作業
 赤く染まって紅葉が見ごろを迎えたメタセコイアの並木道が季節外れの強風雨で一気に落葉し、車道と歩道が赤色一色に変わった。12月の定例作業は落葉で埋め尽くされた石垣下の側溝、通路の清掃作業を実施。
(平成27年12月12日)
 11月の定例作業
 3、4号棟道路側の石垣下の側溝・通路の清掃と法面の石の片付け、ユキヤナギのツルの撤去や根元の笹の刈込などを実施。(平成27年11月1日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 アダプト会が剪定作業
 鶴六アダプト会がウイークデーの8月28日、メタセコイア通りに通じる階段両側の植え込み剪定作業を行った。昨年6月の剪定以来の作業。(平成27年8月28日)
 ◆アダプト会作業日誌へ◆
 復興リレーひまわりが満開
 震災復興希望のリレー「神戸〜新潟〜気仙沼・南三陸」のひまわりが咲きそろいました。東日本大震災後、たびたび現地を訪れボランティア活動をしている団地の方が、集会所脇の花壇に種をまいたところ、細い茎ながら猛暑の中で成長し、立派な花が咲きました。

 種は団地の方が宮城県南三陸町で活動している「三陸ひまわりの会」から譲り受けました。阪神・淡路大震災で死亡した少女の自宅跡に咲いたひまわりの種を神戸の人たちが復興のシンボルとして育て、新潟県中越地震の被災地などに配り、震災復興リレーが広まったそうです。
 8月は猛暑で軽作業
 8月の定例作業は猛暑のため軽作業を中心に10時ごろまでをめどに作業。団地入り口のケヤキ下の笹やニシキギの伐採、2号棟駐車場下のアジサイの花摘みと剪定、ユキヤナギ、アベリア等のつる撤去と下草刈込み等実施した。団地夏祭りで移動した管理事務所前のプランターを再移動した。(平成27年8月2日)
 ◆緑化委員会作業日誌へ◆
 猛暑の中で定例作業
鶴牧6緑化委員会 webmaster:fwhn9013@nifty.com